化粧水の比較、通常の抑毛成分と特殊な成分

subpage1

化粧水の中に抑毛剤という製品があります。
主な働きはムダ毛を薄くする・成長を遅くするのが特徴的です。普通の化粧水と比較すると保湿効果に関しては、十分にあると言えます。


ムダ毛を処理した後に皮膚は大きなダメージを受けていますから、荒れや乱れたキメを整える必要性が出てしまいます。



よって、通常の製品よりもグリセリンや保湿成分を増やす様になりますから、普通の化粧水よりも機能しやすいです。
抑毛成分は主に大豆イソフラボンが多いですが、他にもガウクルアエキス、特殊な成分である「ヒオウギエキス」があります。
王道的な大豆イソフラボンは抑毛化粧水に多く配合されやすく、安定した働きで肌を保湿しながら、ムダ毛にダメージを与えるのが特徴です。ガウクルアエキスは比較的、固まりやすいデメリットを持ちます。
浸透率は大豆イソフラボンの方が良いですが、美白作用は突出しています。



皮膚に弾力も与えますから、時にはガウクルアの方が使えます。



特殊な成分である「ヒオウギエキス」は5αーリダクターゼを疎外する力を持っているのが強みです。

ムダ毛の毛根にある毛乳頭はテストステロン(男性ホルモン)が影響して発達しますが、5αーリダクターゼと結合すると強力な男性ホルモン・ジヒドロテストシテロンに変形します。

それに変形すると、余計にムダ毛が濃くなる要因になるのが問題点です。


しかし、ヒオウギエキスは5αーリダクターゼの働きを抑制するのが強みです。


大豆イソフラボンと比較すると、ムダ毛対策にはヒオウギの方が機能しやすいです。